医療痩身で切らずに部分痩せする方法とは

お腹や太もも、二の腕など、気になる部分だけ細くしたい、と思っている人は多いもの。特にこれらの部位は脂肪がつきにくく落としにくいため、ダイエットをして痩せてもこの部分だけはなかなか細くならずに困っている人も多いのではないでしょうか。美容クリニックにはさまざまな痩身方法があり、部分痩身の方法としては脂肪吸引がよく知られています。しかしこの方法は体に対する負担が多く、メスを使うため傷跡も残ってしまうなどの問題がありました。

メスを使わない方法としては脂肪溶解注射がありますが、やはり注射なので痛みを伴うという難点があります。そこで最近注目されているのが機器を使った方法です。その中の一つであるキャビテーションは、気になる部分に超音波を当て、体の内部にある水分を気泡化し、それがはじけるときの圧力で脂肪細胞の細胞壁を破壊する、というものです。細胞壁を破壊された脂肪細胞は内部の脂肪が溶解して、血液やリンパに乗って運ばれ、最終的には老廃物として体外に排出されます。

この方法では脂肪細胞の数そのものが減らされるのでリバウンドの心配がなく、また通常のダイエットでは落としにくい頑固なセルライトにも効果が期待できます。もう一つの部分痩身方法としてエンダモロジーがあります。これは特殊ローラーの付いたヘッドで肌を吸引しながらセルライトや脂肪を揉みほぐし、血液やリンパの流れを改善するもので、キャビテーションとの併用がおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *