カンボジアの研修生は日本の発展にも欠かせない

日本では超少子高齢化社会になり生産人口が減っていることが問題になっています。

カンボジアの研修生関する便利な情報が満載です。

既に日本人の採用が徐々に難しくなっている中で、生産人口が増えているカンボジアの研修生に注目が集まっています。


カンボジアでは日本で技術を学びたいという若者が多く、実際研修生として日本に来ている人材も増えています。



専門の機関では企業に希望にあわせて研修生の募集や面接、教育から送り出しまでトータルでサポートしています。
研修の教育を行なう施設には日本人スタッフが常駐していて日本語や縫製などの技術以外に、日本のマナーや考え方など実習生として不可欠なことを学んでいます。専門機関は外国人研修制度を利用して日本へ向けて人柄や能力など優れた人材を見つけ出して派遣しています。



カンボジア全土に拠点があってあらゆるところから人材を集めています。


外国人研修制度は開発途上国への国際貢献と国際協力が目的で、日本の技術と技能、知識の習得を支援する制度のことです。


専門機関は政府から正式に許可を受けていて、技能実習生を送り出し期間として運営をしています。
将来を担う青少年を教育してから雇用や技術習得の機会を提供して、長期的なカンボジアの発展と貧困を撲滅に寄与することが目的です。

適切な体制で研修生を受けいれることで日本だけでなく企業にとってもたくさんのメリットがあり、様々な職種に対応した技能実習生を日本全国各地へと送り出しています。生産人口が減り続けている日本にとって研修生は新たな人材にもつながります。