カンボジアからの研修生の特徴

カンボジアからの研修生の特徴としては、知識や技術に関する吸収力が高いというところが挙げられています。
これはカンボジアと言う国が激動の時代を歩み続けていると言う背景が理由だとされていて、発展途上国である自分の国を発展させていくための知識や技術を求めて研修生としてやってきている人が多いというところがポイントになっています。

カンボジアの研修生のことならこちらのサイトが便利です。

そのため日本に来る外国人の研修生の中でもカンボジアから来た人たちは成長スピードがトップクラスだと言われていて、即戦力として活躍しやすくなっています。

またカンボジアの研修生の多くが日本の礼儀作法に関して順応しやすくなっているので、基本的な礼儀作法が身についていると言う特徴も持っています。



と言うのもカンボジアと言う国は仏教徒が中心となっているので日本に近い礼儀作法を身につけているという人が多く、目上の人に対してもしっかりと対応したり礼儀作法を改めて教えなくてもいいというところはメリットだと言えます。

このように色々なメリットを持っているところが特徴なのですが、デメリット面での特徴としては自己主張をあまりしない人が多いという傾向があります。
そのため研修生からの意見などを回収しにくくなっていますしイエスマンになりやすい傾向があるので、ストレスが蓄積しないように受け入れ先の経営者や同じように働いている従業者たちが協力してサポートしていく体制を整える事が必要だとされています。

また指導に関しても長い目で作業や日本そのものに慣れるまで様子を見ながら指導をする、ということも意欲的である彼らに必要なサポートとなっています。