iPhoneXのTrueDepthカメラの可能性

iPhoneXに搭載されているTrueDepthカメラは、さまざまな可能性を秘めています。

高度な演算処理が可能となったチップセットのA11Bionicを中心に、フロントに備え付けられている7MPカメラ、赤外線カメラ、近接センサー、環境光センサーなど、各種カメラとセンサーが連携し、新機能を実現しています。


iPhoneXでは、ホームボタンの廃止と共に、指紋認証のTouchIDも廃止となりましたが、その代わりに採用されたのが、顔認証のFaceIDです。
TrueDepthカメラの機能により、顔の詳細なデータを取得し、メガネの有無、ヒゲの有無、加齢による変化も学習し、厳格な本人確認が行えます。また、赤外線カメラにより、暗闇でも顔認証が機能するので、利用シーンが広がります。



セルフィー撮影時のポートレートモードでは、被写体の顔にピントを合わせながら、背景をぼかす被写界深度エフェクトが、ポートレートライティングでは、まるでスタジオで照明を当てたかのようなエフェクトが、それぞれタップひとつで瞬時に適用されるのも、TrueDepthカメラと、A11Bionicの連携による、高速な映像処理が実行できるからです。



エンターテイメント分野では、「アニ文字」が搭載され、TrueDepthカメラで捉えた自身の表情の筋肉の動きを分析し、アニメーションアイコンに適用させることで、その表情を持ったキャラクターのアイコンが作成され、メッセージアプリなどでシェアして楽しむことができます。現在公表されているTrueDepthカメラを使用した主な機能はここまでですが、今後リリースされるアプリによって、さまざまな革新的なアイデアを盛り込んだ活用方法に期待がかかるところです。


iPhoneXに搭載されているTrueDepthカメラは、まだまだ多くのポテンシャルを秘めています。