カメラだけじゃないiPhoneXの豊富なフロント部

iPhoneXは、ベゼルレスの全面液晶パネルと、上部に設置されている各種センサーが特長的なデザインですが、この僅かなスペースに、最新のテクノロジーを持った、いくつものカメラやセンサーが内蔵されています。


iPhoneXの正面向かって左から、赤外線カメラ、投光イルミネータ、近接センサー、環境光センサー、スピーカー、マイクロフォン、7MPカメラ、ドットプロジェクタと、これだけの機器が並んでいます。



それぞれ複数の役割を果たし、さまざまな新機能を構成しています。
TrueToneは、環境光センサーを使用し、周囲の光の強さに合わせて、自動的にホワイトバランスを調整し、自然な色彩が表現されるのと同時に、目の疲れを軽減します。



指紋認証のTouchIDに代わる、顔認証のFaceIDは、高精細なカメラによって、ユーザーの顔がマッピングされ、確実な認証が行えるだけではなく、化粧、メガネ、ヒゲの有無や、加齢による変化があっても、それを学習し、同一人物であることを確認できます。


ポートレートモードでは、セルフィーの撮影時に、前方をシャープにしながら、背景をぼかすと言った撮影が、簡単に行える他、現時点でベータ版ですが、ポートレートライティングでは、まるでライトの光を当てたような、自然なエフェクトをかけることができます。



これらすべての機能は、フロントの各種センサーを、いくつか組み合わせることによって構成されており、iPhoneXが持つ優れたパフォーマンスの片鱗を見ることができます。

さらに、現時点で公表されている形式とは、また違う組み合わせによって、さまざまな新機能が実現する可能性があり、今後の展開に期待がかかっています。